【インデックス】
翠子
ユヅキ
メル

【星について】
強さ:そのまんま。星が多いと強い。
プレイ難易度:デッキを使う難しさ。星が多いと難しい。
環境での人気:大規模大会での入賞、使用率から。星が多いと人気。
お値段:必須パーツのお値段。星が多いとお金がかかります。
デッキタイプ:デッキの簡単な紹介。
高額カード枠:そのデッキを組む上で、必須かつ高額なカードたち。独断と偏見です。

翠子
デッキの強さ:★★★★
プレイ難易度:★★★
環境での人気:★★★★
カードの値段:★★★
デッキの特徴:アーツ連打、パワーパンプ
高額カード:はなみどキー
収録弾:クラクション、ユートピア、エクスプロード

自然を愛するワイルドガール。初代アニメでは「緑子」として登場していたが、最新作では「翠子」と表記と雰囲気を変えて再登場しました。読みは「みどりこ」、ちなみに僕っ子。
コンセプトは「自分のターンにアーツを使う」こと。アーツは防御目的で相手のアタックフェイズに使うことが多いですが、翠子は自分のターンに発動することでバトルを有利に進めていけます。レベル4ルリグはグロウ時に、ルリグトラッシュにあるアーツをルリグデッキに戻す効果を持っているため、レベル4までに「暴風警報」などの軽いアーツを使っておけば、防御回数が増えます。
それだけに飽き足らず、<イバラヒメ><ネムリヒメ>などのシグニが、使い切りの「クラフト」アーツを創造します。特に<イバラヒメ>は、場に出るだけでクラフトアーツ<棘々迷路>をルリグデッキに加えるうえに、自分のターンに2度アーツを使えば、相手のシグニをエナゾーンに送ることができるのが強力。<イバラヒメ><イバラヒメ>と場に出し、<迷路>を2回使うだけで、お手軽2面要求です。<イバラヒメ>を軸に戦っていくことになります。
もう一つのコンセプトが「自分のシグニの移動」。移動することでパワーアップしたり「ランサー」を持つことができるシグニが多く、特に下級帯にその効果が集中しています。そのため、序盤は移動とランサーで、中盤以降は<イバラヒメ>で戦っていく、ということが多いです。シグニの回収は<ネコムス>や<プロテイン>でエナゾーンから行えるので、理想盤面は何度でも作りやすいです。

これだけ強力なデッキですが、お値段は非常に安いのがさらに魅力的。高額カードは<はなみどキー>くらいで、これも構築済みデッキの<華代キー>代用できちゃいます。できれば<はなみど>がいいので、ウィクロスマガジンを通販で買いましょう。
構築済みデッキ「グリーンテンタクル」と<イバラヒメ>4枚、LRの翠子を買って、あとはちょこちょこと買い足していけば、それだけで一戦級のデッキが完成。最近は<カルシ><プロテイン>などのSRも入ってきているので、そのあたりは必要に応じて調達すればおっけー。
やることが分かりやすくて、初心者にもおすすめなデッキです。アニメではあまり見せ場がなかった分、カードの世界で大暴れしているのは、初代「緑子」と似ているかな?そんなところもかわいい。

【サンプルレシピ】

(カードリストはこちら

ユヅキ
デッキの強さ:★★★★★
プレイ難易度:★★★
環境での人気:★★★★
カードの値段:★★★★
デッキの特徴:手札公開、エナ加速、ポーカーフェイス
高額カード:はなみどキー
収録弾:ワイルズ、レトリック

恋に振り回される系まっすぐガール。恋愛って大変だ。
作中では自分の気持ちを意中の人に打ち明けられずにいました。だからなのか、カードでのコンセプトは「手札公開」。「自分の手札を公開する」シグニと「公開されたときに効果を発動する」シグニを組み合わせて戦っています。
出現時やアタックした時など、手札を公開するタイミングはさまざまだが、どれも攻撃に特化したシグニが多く、切れ目なく3面要求を続けることができます。「アタック時に公開するシグニ」と、「公開された時のシグニ」と組み合わせるのが重要。公開された時にトラッシュからシグニを蘇生したり、相手シグニをバニッシュしたりする効果を持つシグニが多いため、それらをアタック時に見せることで、相手に不意打ちをお見舞いすることができます。アタック時に手札を公開するシグニが1枚でも残ると、公開された時に蘇生する<マレガビ>などが絡むことで、一気に3面要求に戻ることもザラ。相手にどんどん防御を吐かせていけます。
公開された時に2エナチャージする<オオサンショウ>や、ガードされるたびにエナチャージ1できる<4ユヅキ>がいるため、エナが潤沢に増えていきます。<オワンクラゲ><メガネワニ>でエナを手札に還元しながら戦っていけるので、リソースの潤沢さはキーセレトップクラス。サーバント切れの心配も一切なく、思い切り戦いたい方におススメです。

<オワンクラゲ>が4枚採用され、あとは「ワイルズ」「レトリック」構築済みデッキのカードでデッキを作っていくことがほとんど。高額カードもそこまでなく、やはり<はなみどキー>くらいですね。マガジン買いましょう。ね?
<ハッピー5>を採用しない構築が多いルリグでもあります。サクッと組めてパワフルな、緑らしいワイルドなデッキです。アタックの時は「手札に危ないカード持ってませんよ」というポーカーフェイスも重要。恋心は隠すのがよいぞ。

【サンプルレシピ】

(カードリストはこちら

メル
デッキの強さ:★★★★
プレイ難易度:★★★
環境での人気:★★★
カードの値段:★★★★
デッキの特徴:はなみどキー、真ユヅキキーなど
高額カード:はなみどキー、真ユヅキキー
収録弾:エクスプロード

白衣が似合う栄養マニア。オールスターでは調理シグニだったのが、キーセレでは突如「微菌」に。モチーフは栄養素です。
「チャーム」を使った戦術が武器。トラッシュやデッキトップのカードを、「チャーム」として場のシグニの下に付与しながら戦っていきます。チャームが付与されることでパワーが上がったり、「ランサー」を持ったりするほか、連続攻撃ができるようになるシグニも。
これだけ聞くと他の緑デッキと大差ないですが、メルの特徴はシグニが耐性、特にバニッシュ耐性を持つことです。<ウェディ>を筆頭に、チャームがつくだけで簡単にバニッシュ耐性を持つようになるため、赤デッキや黒デッキに滅法強く立ち回れることができます。パワー上昇と組み合わせれば、「パワー15000超えでバニッシュされない」シグニを複数並べられるため、デッキによっては圧倒的に有利に戦えることも。赤や黒デッキが増えた環境では、かなり活躍できます。
ポイントはチャームをいかに安定して供給するか。4ルリグの効果で毎ターン付与できるが、それだけでは到底足りません。<ビオチン><センイ>などのシグニを使いまわしながら、しっかりチャームをそろえて戦えるかが肝。チャームに依存しすぎず、いい塩梅で戦っていくことも大切です。

ルリグデッキの自由度は非常に高く、これといって必須カードはありません。<真ユヅキキー>を採用した構築が人気なので、持っていない人にとってはややハードルが高いところ。<落華流粋><千変万化>など、採用したいカードにルリグレアが多いので、お財布事情と相談しながら組みましょう。
メインデッキは<ウェディ><プロテイン>4枚ずつと構築済みデッキ「グリーンメル」、拡張パック「エクスプロード」でだいたい揃います。緑ルリグの中でも特にパワーラインが高いデッキなので、力技が好きな人におススメですね。

【サンプルレシピ】

(カードリストはこちら

【関連リンク】
白ルリグ解説
赤ルリグ解説
青ルリグ解説
緑ルリグ解説(イマココ)
黒ルリグ解説
無色・にじさんじ解説