1. ホーム
  2. 初心者向け
  3. 真名マユ/再会マユ〜マユの異なる姿!

デッキの特徴:コントロール・エクストラターン戦術
速度:低速〜中速
デッキの難易度:普通〜難しい
派生デッキ:特になし

どんなルリグ?
「マユ」には<創世マユ>の他に、<真名マユ>と<再会マユ>の2種類が存在する。グロウ条件も似ており、<真名>は<創世>同様、ルリグデッキから<タマ>か<イオナ>のカードをルリグの下に敷くこと、<再会>は「ユキキー」こと<一途の巫女 ユキ>を自分の場からルリグの下に敷く、というもの。<再会>はエクストラターンに特化した戦術を、<真名>はエクストラターン能力を持たないが、アーツやエクシードの回収に特化したコントロール寄りの戦術を得意とする。
<真名マユ>のエクシード能力は、エクシード2で相手のシグニを全てトラッシュに送り、相手のデッキの上から2枚を公開し、その中のシグニを2枚まで場に出すというもの。強力な除去性能を持つうえに発動コストは低く、しかも相手にリソースを与えないため、使い勝手は総じて良い。除去五<アイアース>や<アークゲイン>といった強力なシグニを場に並べ、火力で押し切っていきたいところだ。<創世>と同様、<真名>も出現時にルリグトラッシュからルリグのカードを全て下に置き、ルリグトラッシュのアーツを回収する能力を持つ。ルリグのカードを拾う範囲は<創世>と同様だが、回収できるアーツの枚数や範囲が異なる。枚数が2枚に減った分、白及び黒以外のアーツも拾えるようになった。採用するかはさておき、<ホーリー・グランドスラム>など多色のアーツを拾いたい場合は、こちらに軍配が上がる。
<再会マユ>は<創世>の持つエクストラターン戦術を、よりそれに特化した能力を持つ。コイン技「リスタート」がそれに当たり、コイン1枚とエクシード4で、追加のターンを得られるというシンプルな効果だ。追加ターン中のメインフェイズ中は、自分は手札からシグニを場に出せないという制約が課されるものの、スペルやアーツで補助すれば何の問題もない。加えて、この「リスタート」はゲーム中に何度も発動できるため、その気になれば「リスタート」を連打し、相手にターンを与えないことも可能だ。オールスターでは、エクストラターンを最大で3回連続行うことができ、まさに「ずっとマユのターン」といえよう。
<創世><真名><再会>はどれも同時使用制限がかかっており、併用することができない。どれもユニークかつ強力な効果を持っているため、好きなマユを選んでデッキを作ろう。

代表的なカード
<真名>に採用されるカードのほとんどは<創世>と似ているが、エクシード2と相性が良いカードとしては、イオナ限定のシグニ<フィア=リカブト>が挙げられる。相手のシグニ1体がトラッシュに送られた際にエナチャージ1ができるというもので、<リカブト>を立ててエクシード2を使えば大きくエナを伸ばすことができる。
<再会>では「リスタート」を連打するために、<月欠けの戦場>と<MIRROR>を採用するケースが多い。どちらもルリグトラッシュにあるルリグカードを、ルリグの下に戻せる効果を持っており、エクストラターンの間に下敷きを取り戻すことで、「リスタート」連打を可能にしている。<MIRROR>でレベル0のルリグを、<月欠けの戦場>でレベル1、2のルリグを回収すれば、3ターンに渡って「リスタート」を使い続けられるというわけだ。<月欠け>は<アヴァロン・スロー>などで再利用することがほとんど。また、手札からシグニを場に出せないデメリットは、<フィフス・テンプト>や<アヴァロン・スロー>の蘇生効果で踏み倒すことができる。場にはもちろん<アークゲイン>だ。

派生デッキ・こぼれ話
現在のグロウには、「自分の場にあるルリグよりレベルの1つ高いルリググロウする」というルールがあったが、18年12月以前は同レベル以下のルリグへもグロウが可能だった。これで<真名>から<白滅の巫女 タマヨリヒメ>にダウングロウする真名マユが人気を集めた。仕組みは簡単で、<真名>グロウ後にエクシードで吐き出した<白滅>を<タイプス>でルリグデッキに回収するというもの。それにより、最大10枚分の下敷きと6枚のルリグデッキ、最大8枚のコインを手にすることができるようになった。コインは<生生流転>に充てて<トオン>を埋めたり、エクシードは<カーニバルキー>に充てて<グスクル>を出したりと、高い火力と耐久力を兼ね備えたデッキとして存在していた。
<再会>はキーセレクション向けに作られたデッキだが、オールスターで存在感を発揮。「リスタート」を連打するデッキは19年4月ごろに登場。大型イベント「ウィクロス大感謝祭」で優勝し、まさに「ずっとマユのターン」として注目された。その後「コリジョン」で青タマが登場すると、<アルペイオス>でのエナ加速基盤を組み込んだデッキタイプが登場。旧来の型ほど「リスタート」は連打できなくなったが、<ホーリー・グランドスラム>と<ビカム・ユー>で早々にレベル5にグロウし、相手とのレベル差を作る「ハイパーダッシュマユ」と呼ばれるデッキが誕生している。




サンプルレシピ(真名マユ)
20/01/12 カードボックス松坂店2位 ケンチさん

ルリグデッキ
タマ
初月の巫女 タマヨリヒメ
半月の巫女 タマヨリヒメ
雷鳴の巫女 タマヨリヒメ
祝輪の巫女 タマヨリヒメ
真名の巫女 マユ
ダーク・コグネイト
セレクト・ハッピー5
時雨の調 ゆきめ
開かれし鍵門 ウトゥルス

メインデッキ
LBあり
幻視の大天使 ラミエル x 1枚
真天使の未来 ガブリエルト x 1枚
先駆の大天使 アークゲイン x 3枚
極盾 アイアース x 2枚
極盾 アークイギス x 2枚
弩書 ザ・ロウ x 2枚
聖火の祭壇 ヘスチア x 2枚
千苦の大天使 †アークゲイン† x 1枚
極槍 グングニレ x 1枚
神技の鞭刑 ≡アナフィエル≡ x 2枚
中盾 ティンベー x 1枚
サーバント D3 x 1枚
サーバント O3 x 1枚

LBなし
忘得ぬ幻想 ヴァルキリー x 2枚
化身の起源 クリシュナ x 2枚
大盾槍 ファランクス x 2枚
時英の埋設 #タイプス# x 2枚
堕落の砲娘 メツミ x 1枚
情愛の反旗 †アークフラウド† x 1枚
未来の噴陰 †アークホールド† x 1枚
やり直しの対話 ミカエル x 1枚
やり直しの廃和 †ミカエル† x 1枚
探求の思想 ハニエル x 2枚
探究の死相 †ハニエル† x 1枚
小剣 ミカムネ x 1枚
サーバント D2 x 2枚
サーバント O2 x 1枚




サンプルレシピ(再会マユ)
04/21 ウィクロス大感謝祭東京優勝 とっくーさん

ルリグデッキ
タマ
小金の巫女 タマヨリヒメ
半月の巫女 タマヨリヒメ
金紅の巫女 タマヨリヒメ
白滅の巫女 タマヨリヒメ
再会の巫女 マユ
アヴァロン・スロー
月欠けの戦場
ビカム・ユー
一途の巫女 ユキ

メインデッキ
LBあり
幻視の大天使 ラミエル x 2枚
真天使の未来 ガブリエルト x 1枚
コードアンシエンツ ネクロノミコ x 1枚
先駆の大天使 アークゲイン x 4枚
千苦の大天使 †アークゲイン† x 2枚
聖火の祭壇 ヘスチア x 1枚
運命の左糸 クロト x 2枚
神技の鞭刑 ≡アナフィエル≡ x 3枚
破壊の音色 §ミネルバ§ x 2枚
サーバント O x 2枚

LBなし
忘得ぬ幻想 ヴァルキリー x 2枚
禁忌の焔 ≡プロメウス≡ x 2枚
聖笏の威光 ハシュマル x 1枚
史実の改善 サリエ x 3枚
フィフス・テンプト x 3枚
ゲット・インデックス x 3枚
MIRROR x 3枚
サーバント O2 x 3枚




サンプルレシピ(ハイパーダッシュマユ)
20/02/09 193名駅太閤店4位 すいそすいさん

ルリグデッキ
タマ
浅縹の巫女 タマヨリヒメ
紺碧の巫女 タマヨリヒメ
青鈍の巫女 タマヨリヒメ
白滅の巫女 タマヨリヒメ
再会の巫女 マユ
ホーリー・グランドスラム
月欠けの戦場
ビカム・ユー
一途の巫女 ユキ

メインデッキ
LBあり
幻視の大天使 ラミエル x 2枚
先駆の大天使 アークゲイン x 4枚
雲舞の蒼天 アプサラス x 4枚
千苦の大天使 †アークゲイン† x 1枚
戦倶の蒼天 アークゲイン x 1枚
大海の蒼天 ポントス x 1枚
札探の蒼天 メイ x 4枚
膨潮の蒼天 ハルワタート x 2枚
サーバント O x 1枚

LBなし
忘得ぬ幻想 ヴァルキリー x 2枚
化身の起源 クリシュナ x 2枚
穏領の蒼天 ネーレウス x 2枚
羅星 リンゼ x 2枚
未来の噴陰 †アークホールド† x 1枚
やり直しの廃和 †ミカエル† x 1枚
切願の蒼天 アルペイオス x 4枚
水源の蒼天 アナーヒター x 3枚
フィフス・テンプト x 3枚

【関連リンク】
真名マユの入賞デッキ一覧
再会マユの入賞デッキ一覧
「#まいにちオールスター」企画トップ