1. ホーム
  2. 初心者向け
  3. アロスピルルク〜自分も相手もハンドレス!

アロスピルルク
デッキの特徴:手札破壊・ルリグアタック無効
プレイの難易度:難しい
主な収録パック:構築済みデッキ・フルスクラッチなど

どんなデッキ?
コンフレーテッドシリーズの主人公ルリグ。コンセプトは手札破壊(ハンデス)で、相手の手札をどんどん捨てさせ、アタッカーやガードに必要な「サーバント」を奪っていく。アロスピルルクのハンデスは一風変わっており、「お互いの手札を捨てさせる」というコンセプト。なので、自分が手札を捨てたことで発動する効果や、手札が0枚の時にルリグからのダメージを受けなくなる効果などを持つ。いわゆる「ハンドレスコンボ」といえよう。
お互いの手札を捨てさせるカードとしては<マノミン>が代表的。場に出た時にお互いが手札を1枚ずつ捨てるという効果を持つレベル1シグニで、これを<月鍵タマキー>などでサーチし、レベル1の時点でお互いの手札を奪い尽くすというのが人気だ。他にもさまざまなハンデスカードが搭載されているので、手札を徹底的に破壊しよう。
レベル4ルリグ<TETRA>や、レベル5の<TELOS>にグロウすると、自分の手札が0枚であれば、対戦相手のルリグからダメージを受けなくなる。ガードに必要なサーバントを用意する必要がなく、グズ子の「ダイレクト」やレイラの「ドーピング」といった、強化されたルリグアタックによるダメージもシャットアウトできる。<MIRACLE>や<アナスタシア>といった、自分の手札が0枚であれば、トラッシュから手札に加えたり場に出したりできるカードも多い。

代表的なカード
自分が手札を捨てたときにパワーマイナスをばらまく<クロケル><シャハラザ>が代表的。<クロケル>はレベル2のシグニで、手札を1枚捨てた時にマイナス2000を与える。<マノミン>との相性が良く、相手の手札を捨てさせつつ、場に出たシグニも溶かし尽くせるため、最序盤で相手の出端を折っていこう。コリジョンでは<マノミン>と同様の効果を持つ<ネフィリム>も登場しており、ハンデスにより一層の磨きがかかった。
専用アーツとしては<グレイブ・ブルー>が強力。トラッシュから悪魔シグニを2体蘇生したのちに、自分の手札を全て捨てる。このカードで<シャハラザ>を2体蘇生させ、手札を2枚以上捨てることで、相手のシグニのパワーを4回マイナス6000しつつハンドレス状態を作り、<TETRA>の効果でルリグによるダメージを無効にできるようになる。出現時効果も発動するため、<マノミン>を蘇生させ、不意のハンデスを叩き込むことも可能だ。

構築のポイント
<月鍵タマキー>で<マノミン>を複数枚サーチし、最速で手札破壊を狙っていく構築が人気。<ビカム・ユー>をも採用し、レベル2で<クロケル><ラハブ><マノミン>と並べ、盤面も手札も溶かし尽くす構築が話題を集めていた。レベルが偶数のシグニが並びやすいことから、<ハンプティ・ダンプティ>も投入されるケースが多い。アーツに<アンシエント・グルーヴ><ジャイアント・キリング>を採用し、防御しつつさらなるハンデスを狙う型もある。
また、レベル5の<ピルルクTELOS>にグロウするデッキでは、<K アルテマ/メイデン イオナ>(アルテマキー)を採用した構築もある。相手がドローフェイズに1枚までしか引けなくなるため、コイン技「カタルシス」でダメージを防ぐための無色カードを用意しにくくなるためだ。
ただ、多くのルリグがレベル4グロウ時にシグニを2枚回収する効果を持っていたり、シグニを2枚回収するライフバーストを踏んでしまい、せっかくのハンデスが無駄になってしまうことも多い。なかなか難しい立ち位置だが、「コード・ピルルク」が使う緑の電機シグニを組み込んだり、サーバントを採用してきちんとガードしながら戦ったりなど、試行錯誤が繰り返されている。

対アロスピルルク
ハンデスの速さは全ルリグでもトップクラス。特に<月鍵タマキー>で<マノミン>をかき集めるタイプであれば、いきなり3〜5枚の手札が吹き飛ぶことがあり、そこからの立て直しは非常に厳しい。無理にアーツで拾うか、ライフバーストに祈りたいところだ。<ネフィリム>や<グレイブ・ブルー>で蘇生した<マノミン>など、手札を捨てさせる手段は豊富にある。
ピルルク側の火力は高くないため、立て直しさえできれば戦っていける。ただ<シャハラザ>が厄介で、ピルルク側の手札が0枚であればパワーが14000まで上昇し、アタックフェイズ開始時に手札を減らしつつ、パワーマイナスをばら撒いてくる。できるだけメインフェイズで除去しておきたい。相手のシグニを手札に戻すことで、<TETRA>たちが持つルリグアタックを無効にする能力を奪うことができるが、<アナスタシア>を出されると、バウンスそのものができなくなってしまう。<アナスタシア>はトラッシュからどんどん湧いてくるので、あまりバウンスに期待しない方がいいかもしれない。





サンプルデッキ
WIXOSSBOXオリジナル

ルリグデッキ
アロス・ピルルク
アロス・ピルルク MONO
アロス・ピルルク G
アロス・ピルルク M
アロス・ピルルク TETRA
ピルルク TELOS
グレイブ・ブルー
焼風水月
アロス&コードピルルク KEY
異体同心 華代

メインデッキ
LBあり
魔界の千夜 シャハラザ x 4枚
魔界の末娘 アナスタシア x 3枚
魔海の荒嵐 ウェパル x 3枚
炎魔の愚火 イグニス x 2枚
魔界の公爵 クロケル x 3枚
魔海の不良 マノミン x 4枚
MIRACLE x 1枚

LBなし
堕ちし蒼天 ネフィリム x 4枚
魔海の騒音 ラハブ x 4枚
魔海の船員 ドレイク x 3枚
魔海の金管 ベレト x 4枚
魔海の赤将 ウルージ x 3枚
魔海の海蛇 レヴィアタン x 2枚

【関連リンク】
アロスピルルク(キーセレ)の入賞デッキ一覧
キーセレクション全ルリグ解説
「#まいにちキーセレ」企画トップ