1. ホーム
  2. WXK10
  3. ダッシュタマ〜時代を駆け抜けたショットデッキ

デッキの特徴:ワンショット
速度:高速
デッキの難易度:難しい
派生デッキ:ハイパーダッシュタマ、ダッシュマユ

どんなルリグ?
「天使」「アーム・ウェポン」シグニを使うタマだが、こちらは「天使」シグニにスポットを当てたデッキ。<先駆の大天使 アークゲイン>が持つ「自分の全てのシグニは対戦相手のルリグ以外の効果を受けない」という強力な耐性を、アタックした時にシグニを除去できる<プロメウス>に与え、その<プロメウス>には<アイヤイキー>などで「ダブルクラッシュ+アップ」を付与し、4〜5点のライフクロスを一気に叩き割るショットデッキだ。
<ビカム・ユー>で先にレベル4にグロウして、上記のショットを叩き込む。相手のキーによる防御は<白滅の巫女>の「イノセンス」が打ち消すため、対策手段がなければレベル4にグロウすることすらできないのが強み。このショットが止められ、相手にレベル4や5にグロウされても、<アーク・オーラ>でルリグが連続攻撃をねらったり、<アークゲイン>の耐性で押し切ったりと、強烈な二の矢、三の矢が控えているのが強みだ。
必要なパーツは、<ヴァルキリー>や<ゲット・インデックス>といった、タマゆえの豊富なサーチ手段で集めていく。<トンカツ>と<BCPIC>を組み合わせ、<アークゲイン>に<ブルジャム>でルリグ耐性を付与したり、<ムシュフシュ>と<シルシュ>で青エナを焼き、苦手な<アンチ・アビリティ>を封じたり、<ぶりっつあーや>のダウン凍結に対しては<ネーレウス>でアップさせたりと、いわゆる「対策の対策」手段を盛り込むこともできる。ただ、扱うにはプレイングの腕と環境への知識、ダッシュを仕掛けるタイミングの見極めなど、かなり高度なスキルが必要になる。

代表的なカード
デッキの基本的なギミックを大雑把に挙げると、「<ビカム・ユー>で先にレベル4にグロウ」→「<アークゲイン>で<プロメウス>に耐性を付与」→「<プロメウス>に<華代&緑子キー>や<アイヤイキー>でダブルクラッシュ+連続攻撃を付与」→「4〜5枚の上から削り切る」という動きだ。ルリグデッキの構築はほぼ固定され、メインデッキに基本パーツと対策カードを採用する、ということになる。序盤は<リンゼ>で相手の<ビカム・ユー>を封じながら手札を増やしつつ、<ゲット・インデックス>や<ゆきめキー>などで必要なカードを集めていく。その間に相手のライフを4〜5点に削っておき、ショット圏内に入れておこう。
ショットには上記の<プロメウス>や<アークゲイン>に加え、チアシグニで天使の<クリシュナ>や、ダウン対策の<ネーレウス>などが絡む。<クリティカル・ショット>や<バオバブーン>の対策に<アトラン>、相手のライフクロスに埋めた<トオン>などを削るための<アヴェンジャー>など、とにかく「対策の対策」に構築の枠を割くことになる。環境や人によって様々なので、使う側も使われる側も、「何故このカードが入っているのか」を意識してみよう。

派生デッキ・こぼれ話
<ビカム・ユー>と、<ホーリー・グランドスラム>による<ビカム・ユー>を発動し、相手ルリグとのレベル差を大きく突き放す「ハイパーダッシュタマ」というデッキも存在する。<アルペイオス>で一気に青エナを加速することで、<ホーリー・グランドスラム>と、レベル3へのグロウに必要なエナコストを確保すれば、相手のルリグがレベル2の時にレベル4で駆け抜けることもできる。スピードは本家ダッシュタマより速いが、対策カードを入れる枠が少ないため安定感にやや欠ける。「真名マユ/再会マユ」の項目で紹介した「ハイパーダッシュマユ」はこれの派生形に当たる。
「<アークゲイン>でルリグ耐性を持たせた<プロメウス>に、<アイヤイキー>をつけて駆け抜ける」というデッキ自体は、18年8月頃からセレモニーでちらほら入賞していた。その後カードプールが広がり、<ゆきめキー>や<花代&緑子キー>、<セレクト・ハッピー5>の登場などもあり、19年1月ごろには現行の「ダッシュタマ」の基盤が完成。使用者数こそ少なかったが、驚異的な破壊力と対抗手段の狭さから、セレモニーでコンスタントに結果を残すようになった。
オールスターのトーナメントシーンでは対策必須のデッキであるため、ダッシュタマは常に対策の矛先を向けられていた。<リンゼ>3面に対抗手段を持ち、先手でロングショットを仕掛ける「4止めグズ子」や、<トオン>を安定して埋める「エルドラ」なども台頭したり、デッキのギミックが広く共有されたこともあり、考えなしに使っても勝てるデッキではなくなっている。<ハイマット・レイ>や<プリンセス・ディフェンス>など、対策カードの防御性能も向上しており、かつてほどの勝率を安定して叩き出すのも難しくなりつつあるようだ。それでも対策をかいくぐり、今日もどこかのセレモニーで、イノセンスとアークゲインは駆け抜けている。

中止になってしまったが、第4回世界大会で、このデッキがどこまで駆け抜けられたかを見届けたかった。




サンプルレシピ
19/12/22 ホビーステーション名古屋店2位 ぴむさん

ルリグデッキ x 10枚
タマ x 1枚
初月の巫女 タマヨリヒメ x 1枚
轟轟 タマヨリヒメ之弐 x 1枚
金紅の巫女 タマヨリヒメ x 1枚
白滅の巫女 タマヨリヒメ x 1枚
ビカム・ユー x 1枚
セレクト・ハッピー5 x 1枚
時雨の調 ゆきめ x 1枚
アイヤイ★ディール x 1枚
焔型闘娘 花代&緑子 x 1枚

メインデッキ
LBあり
先駆の大天使 アークゲイン x 3枚
弩砲 アヴェンジャー x 2枚
幻竜姫 ムシュフシュ x 2枚
コードラビリンス アトラン x 1枚
貨英の変動 エフエックス x 1枚
コードイート 八重 x 1枚
爆砲 十四年式 x 1枚
小砲 ブドー x 3枚
幻獣 コマリス x 1枚
偉智の遊 オシャブ x 2枚
アーク・オーラ x 2枚
サーバント O3 x 1枚

LBなし
禁忌の焔 ≡プロメウス≡ x 4枚
穏領の蒼天 ネーレウス x 2枚
忘得ぬ幻想 ヴァルキリー x 1枚
化身の起源 クリシュナ x 1枚
羅星 リンゼ x 4枚
ゲット・インデックス x 4枚
幻竜 シルシュ x 2枚
サーバント O2 x 2枚

【関連リンク】
タマの入賞デッキ一覧
真名マユ/再会マユ解説
「#まいにちオールスター」企画トップ
一撃必殺!ワンショットタマ(たつのウィクロスブログ・たつさん)
ダッシュタマメタを救いたい。(ぴむブログ・ぴむさん)